芳香料の濃度を理解してリビドーロゼを買おう

芳香料の濃度について理解してからリビドーロゼを買おう記事一覧

最も濃度が濃く持続性が長いパルファム

芳香料は原料の他、濃度によって種類が大きく分かれてきます。形状も一般的には液状のものが多いですが、最近では練り硬水という固形タイプのものも増えてきています。濃度は液体タイプより固形タイプの方が高いです。芳香料はアルコール、香料、蒸留水から構成されています。これら3種類の成分の割合によって濃度が違って...

≫続きを読む

 

パルファムの次に濃度が濃いオードパルファムとは?

芳香料の濃度の種類は大きく5通りあります。パルファム、オードパルファム、オードトワレ、オーデコロン、そして練り硬水です。最も濃度が高いのはパルファンで、次に濃度が高いのがオードパルファンと呼ばれるものです。濃度はパルファンより若干少なめの10%から15%位で、代わりにアルコール濃度や蒸留水の割合が多...

≫続きを読む

 

市場で最も多く販売されているオードトワレって?

芳香料はひと昔前は、デパートや高級百貨店の化粧品売り場にしか置かれていませんでしたが、最近ではドラッグストアやコンビニエンスストアでも多く見かけるようになりました。ただデパート等で見かけるようなパルファムやオードパルファムのような濃度の濃い芳香料はあまり売られておりません。ベッド専用芳香料という特殊...

≫続きを読む

 

最も濃度が薄く手軽に使用できるオーデコロンはどんなもの?

芳香料の中で最も濃度が薄いのがオーデコロンです。持続性は1時間から2時間程度で、どこかへお出かけしたり、パーティー等のイベント向きではありません。こまめにつけ直しが必要であり、香り自体もパルファムに比べるとかなり控えめになっています。濃度は5%未満でパルファムの3分の1以下です。そして蒸留水が10%...

≫続きを読む

 

濃度が濃く持続性が最も高いのに不快感がない練りタイプの芳香料

芳香料といえば液体のタイプが主流ですが、最近では固形タイプの芳香料も多いです。いわゆる練りタイプの芳香料と呼ばれるものですが、この芳香料のメリットは、持続性が高いということと、液体の芳香料のように成分が周囲に散りにくいということです。また、液だれがしないというのも利点といえます。液体タイプはもちろん...

≫続きを読む

 

アロマオイルやお香タイプの芳香料について

芳香料というのは元々、液体のものではなく、練りタイプであったり、お香やアロマオイルのタイプとして昔から存在していました。バブル期は液体タイプの芳香料をスプレーを使って使用するというパターンがほとんどでしたが、現在は練りタイプの芳香料、お香やアロマオイルの人気が高まり、昔に逆戻りしているという傾向にあ...

≫続きを読む