アロマオイルやお香タイプの芳香料とは?

アロマオイルやお香タイプの芳香料は体にも優しい

 

 

芳香料というのは元々、液体のものではなく、練りタイプであったり、お香や
アロマオイルのタイプとして昔から存在していました。

 

 

 

バブル期は液体タイプの芳香料をスプレーを使って使用するというパターンが
ほとんどでしたが、現在は練りタイプの芳香料、お香やアロマオイルの人気が
高まり、昔に逆戻りしているという傾向にあります。

 

 

 

リビドーロゼはスプレータイプの芳香料です。

 

 

 

本来体臭などの臭いを目立たなくしたり、病気の治療目的で香料というのは
使用されていました。

 

 

 

芳香料として使うというのとは違うかもしれませんが、アロマオイルやお香を漂わせた
空間にいる事で、臭いが衣類などに付着します。

 

 

 

リビドーロゼを付けてベッドに入れば、布団にも香りが付くかもしれません。

 

 

 

液体タイプの芳香料に比べると煙で香り成分を付着させますので、持続性は
高いです。

 

 

 

しかも液体タイプの芳香料に比べて香りがまろやかで、あまり不快感を示す方は
少ないといってもいいです。

 

 

 

更にお香やアロマオイルで使う原料は決まっており、香りだけではなく、その原料が
持つ効能自体も期待され、代表的なのは消臭や殺菌効果が高いラベンダーなどです。

 

 

 

他にも白檀やユーカリや消臭効果の高い柑橘系の香り、風邪の予防や、中には
うつ病を予防するタイプのアロマオイルやお香もあります。

 

 

 

芳香料はアルコールが多く含まれていることもあり、ツンとした刺激臭が特徴ですが、
アロマやお香はこのような刺激臭が無く、ただ香りだけが漂うというものとなっています。

 

 

 

経済的にもメリットは高く、お香やアロマを一度使用すると、数日は持ちますし、
衣類にも臭いが浸透しますので、香り成分が含まれている洗剤を使用している
のと同じ状態になります。

 

 

 

それでいて比較的化学物質が少ないので、体にも優しいといえます。

page top