オーデコロンは最も濃度が薄く手軽に使用できる

濃度が薄く手軽に使用できるオーデコロンの性質

 

 

芳香料の中で最も濃度が薄いのがオーデコロンです。

 

 

 

持続性は1時間から2時間程度で、どこかへお出かけしたり、パーティー等の
イベント向きではありません。

 

 

 

こまめにつけ直しが必要であり、香り自体もパルファムに比べるとかなり控えめに
なっています。

 

 

 

濃度は5%未満でパルファムの3分の1以下です。

 

 

 

そして蒸留水が10%程度でオードパルファムと同じ濃度ですが、オードパルファム
より濃度が薄いオードトワレよりアルコールの含有量が多く、90%以上となっています。

 

 

 

そのため香料よりもアルコールの匂いの方が強く感じやすいです。

 

 

 

芳香料の中でアルコール濃度が最も多く、揮発性が高いので、つけた後の感触も
残りにくいです。

 

 

 

香り成分もアルコールと一緒に蒸発してしまい、香りを楽しむというよりは、消臭などに
適しているといえます。

 

 

 

ただ濃度が薄い為、使用できるシーンが最も多いです。

 

 

 

運動後や入浴後に使えるというのがメリットです。

 

 

 

パルファムのように濃度の濃い芳香料は、入浴後や運動後に使用するには、若干
香りが異様に残りやすく、不快感を与えることがありますが、オーデコロンは運動や
入浴といった汗をかいた後につけることで、汗の臭い成分も一緒に蒸散してくれます。

 

 

 

価格も最も安く、最も手が出しやすい部類といえます。

 

 

 

こまめにつけ直しが必要ですが、汗をかいた時の消臭としては役立ちますし、何回も
つけ直しをしても香り自体が残りにくいので、あまり不快感を与えにくく、香り自体も
好き嫌いが少ない柑橘系のものが多いです。

page top