オードパルファムはパルファムの次に濃度が濃い

パルファムの次に濃度が濃いオードパルファムの特性は?

芳香料の濃度の違いの種類は大きく5通りあります。

 

 

 

パルファム、オードパルファム、オードトワレ、オーデコロン、そして練り硬水です。

 

 

 

最も濃度が高いのはパルファンで、次に濃度が高いのがオードパルファンと
呼ばれるものです。

 

 

 

濃度はパルファンより若干少なめの10%から15%位で、代わりにアルコール
濃度や蒸留水の割合が多めになります。

 

 

 

アルコールは約80%弱で、蒸留水は10%程です。そのため持続時間も
やや短めで、5時間前後位です。

 

 

 

半日持つといったところで、日中であれば、お昼休憩時に少しつけ直す
くらいでいいです。

 

 

 

リビドーロゼは彼と会う前やシャワーの後にこっそり付けましょう。

 

 

 

オードパルファムの価格はパルファムよりは若干安めとなります。

 

 

 

香料となる原料はパルファムとほぼ同じです。

 

 

 

芳香料はそもそも海外で体臭を目立たなくさせる為に使用していました。

 

 

 

国にもよりますが、毎日入浴する習慣が無い所もあり、代わりに芳香料で
体臭をカバーするというのが習慣となっています。

 

 

 

体臭と混ざることでまた違った香りがするようになっています。

 

 

 

ちなみに現代の日本人はほとんどの方が毎日入浴する習慣がありますので、
体臭に対してはかなり神経質になりがちです。

 

 

 

いわば芳香料をつけなくても体臭が目立たないので、かえってパルファム等の濃度の
濃い芳香料を使用すると、人によっては不快感を感じる方も少なくありません。

 

 

 

リビドーロゼも適量を使用することが望ましいのです。

 

 

 

そこで香りは楽しみたいが、周りになるべく不快感を与えないようにするために
少し控えめのオードパルファムが日本人には人気が高いといえます。

 

 

 

またパルファムはどちらかといえば年齢層が高めの方向けですが、オードパルファムは
ソフトな香りということもあり、若い女性向けといえます。

 

 

 

リビドーロゼは男性の嗅覚を刺激する香りなので、女性がつけることを目的としています。

 

>>リビドーロゼの通販をするなら公式サイトが一番いい理由 TOPへ

page top