練り香水は濃度が濃く持続性も高いのに不快感がない

濃度が濃く持続性が最も高いのに不快感がない練りタイプの芳香料の魅力

 

 

芳香料といえば液体のタイプが主流ですが、最近では固形タイプの芳香料も
多いです。

 

 

 

いわゆる練りタイプの芳香料と呼ばれるものですが、この芳香料のメリットは、持続性が高い
ということと、液体の芳香料のように成分が周囲に散りにくいということです。

 

 

 

また、液だれがしないというのも利点といえます。

 

 

 

液体タイプはもちろん手首やくるぶしに直接塗る方もおりますが、スプレーを
使う方はやはり多いです。

 

 

 

スプレーする場合、香りが周囲に飛び散ってしまい、不特定多数の方が
使用する洗面所やトイレ、更衣室等で使用すると、芳香料を使った本人が
居なくても、香り成分が壁などに付着したままになります。

 

 

 

芳香料の香りに対して不快感を持つ方もいますので注意が必要ですが、
意外にそういう方は多いようです。

 

 

 

リビドーロゼもスプレータイプなので、思わずつけすぎた!ということがないように
気を付けましょう。

 

 

 

その点、練りタイプの芳香料はスプレー式のように香り成分が周囲に飛び散ることが
ありませんので、周囲に迷惑をかけることもありません。

 

 

 

また液体タイプのように、塗り過ぎということがありません。

 

 

 

固形タイプですので、分量が調整しやすいですし、少ない量でもパルファム
並みに持続性を保つことができます。

 

 

 

また最近では練りタイプの芳香料より少し濃度を薄くしたクリームタイプやジェルタイプの
芳香料もあります。

 

 

 

ジェルタイプは液体タイプでいうオーデコロンタイプですが、オーデコロンタイプより
持続性が高く、更に香り自体がライトなものが多い為、汎用性が高いです。

 

 

 

手指の消毒用も兼ねた製品もありますし、ラメ等が含まれており、香り以外の
おしゃれを楽しむ事ができます。

 

 

 

リビドーロゼはベッド専用芳香料ですが、オシャレのためにつけている人も
いるようです。

page top