リビドーロゼなどの香料の原料

リビドーロゼなどの香料の原料について知ろう記事一覧

フェロモンに似た効能があるムスクって何?香料の原料で有名なものの1つとしてムスクがあります。ムスクは麝香とも呼ばれ、動物性の香料に分類されます。ムスクはジャコウジカの体内にある、ジャコウ線という部位から分泌される液を抽出し、乾燥させた物質です。薬の原料として昔から使用されていました。甘い香りがし、香りの持続性も高いです。そして気持ちを高めたりする作用、男性ホルモンに類似した作用を持つといわれていま...

女性らしい香りがするフローラルについてよく香料や柔軟剤、ボディソープなどでフローラルの香りと明記されているものがあります。フローラルというのは花の種類では無く、花のような香りの総称を言います。意外にフローラルという花の香りと思っている方が多いようです。ただ香料として使用されている花は概ね決まっており、ローズやジャスミンなど、高価なものが原料となっています。リビドーロゼも、バラをベースにしたフローラ...

アロマにも多く使用される白檀ってどんなもの?香料やアロマオイル、お香などでよく名前が上がるもので白檀というものがあります。これは香木の一種であり、熱帯地方に生息している常緑樹です。小さな花が咲き、開花した時が最も香りが強くなります。原産地はインドで古くから薬用にも使われていました。薬効として殺菌作用、利尿作用があり、またリラクゼーション効果も高いといわれています。リラクゼーション効果が高いのはリビ...

実は殺菌効果が高いラベンダーラベンダーは香料でも、アロマオイルでもよく使用される花の一種ですが、こちらはインドや北アフリカ、中東が原産地となっています。ラベンダーはかなり種類が多いのですが、一般的に有名なのは紫の花を咲かせるものです。花や葉の部分、茎の部分に細かい毛があり、その部分から精油が分泌されていきます。この精油は揮発性が高く、草食系の動物にとっては食用にはなりませんが、芳香作用により、蜂な...

柑橘系の香りで代表的なシトラスってどんなもの?シトラスとは、柑橘系の総称として用いられます。フローラルが花の総称であることと同じ意味合いであります。香料やボディソープ、制汗剤、そして食器用洗剤でよく用いられます。シトラスは酸味が強く、水垢などをきれいに落としてくれることもあり、食器用など、台所用の洗剤の原材料として役立ちます。香料ではオーデコロンなど、持続性が短いタイプに使用されますが、これは香り...

洗いたての衣類のような香りがするオゾンって何?キャローンとは?香料で使用される香料の中で、オゾンというものがあります。別名オゾンノート、アクアノート、マリンノートとも言われます。これは例えが難しいのですが、日光浴や滝の周りに多く存在するマイナスイオンのような清々しい香りがします。これは唯一自然に存在する香料を使用されておらず、キャローンという合成香料によって作られています。その為、香料の中では最も...

page top