女性らしい香りがするのがフローラル

女性らしい香りがするフローラルについて

よく香料や柔軟剤、ボディソープなどでフローラルの香りと明記されているものがあります。

 

 

 

フローラルというのは花の種類では無く、花のような香りの総称を言います。

 

 

 

意外にフローラルという花の香りと思っている方が多いようです。

 

 

 

ただ香料として使用されている花は概ね決まっており、ローズやジャスミンなど、高価な
ものが原料となっています。

 

 

 

リビドーロゼも、バラをベースにしたフローラル系の香りと書いてあります。

 

 

 

ただフローラルと一言で言っても、ホワイトフローラルという名称のものもあります。

 

 

 

ホワイトフローラルというのは結局花の色に関係するようです。

 

 

 

香料やアロマオイルもそうですが、花を原料にしたものは多く、他にはラベンダーやシトラス、
スミレ、カモミール、そしてキンモクセイ等が有名です。

 

 

 

これらは全てフローラル系の香りということでまとめられます。

 

 

 

洗剤やボディソープで使用されているフローラル系の香りというのは、数多くの種類の花のエキス
を原料としており、どの花の香りかというのは特に決まっていません。

 

 

 

ただ、花も安いものではありませんので、化学的に花の香料を生成された、合成香料
というものを使用しているタイプが多いです。

 

 

 

やはり化学的に作られていることもあり、やや刺激臭を感じるものが多いです。

 

 

 

本物の花を原料にしたフローラル系の香料等はやはり高額なものが多いですが、
自然の香りなので、あまり不快感を与えることは少ないようです。

 

 

 

持続性は比較的長い方で、半日くらいは軽く香りが持ちます。

 

 

 

割と濃い感じの臭いなので、少量つけるだけで十分といえます。

 

 

 

リビドーロゼに含まれるイランイラン花の精油も落ち着いた心地の良い香り
を演出しています。

page top