オゾンは洗いたての衣類のような香りがするキャローン

洗いたての衣類のような香りがするオゾンって何?キャローンとは?

香料で使用される香料の中で、オゾンというものがあります。

 

 

 

別名オゾンノート、アクアノート、マリンノートとも言われます。これは例えが難しい
のですが、日光浴や滝の周りに多く存在するマイナスイオンのような清々しい香りがします。

 

 

 

これは唯一自然に存在する香料を使用されておらず、キャローンという合成香料に
よって作られています。

 

 

 

その為、香料の中では最も歴史が浅いジャンルとなります。

 

 

 

日本人は臭いに関して敏感であり、香料もあまり香りが強すぎるものは人気がありません。

 

 

 

毎日入浴する習慣があり、しかも体臭自体もほかの人種より少ない傾向にあるためか、
臭いがあるものに対しては過剰に反応を示してしまいがちです。

 

 

 

その点、このオゾン系の香りというのは、マイナスイオンをイメージさせる香りで、清々しく、
あまり不快感を持つ方はいないようです。

 

 

 

その次に人気があるのがシトラス系の柑橘類を香料として使ったものです。

 

 

 

このオゾンの香料であるキャローンですが、カロンとも呼ばれ、これは海藻類がフェロモン
として外へ分泌するエクトカルペンという物質と同じような構造を持っているため、潮のような
香りが感じられるようです。

 

 

 

香料としては、1980年代から使用されるようになり、香料として使用されるようになったのは、
1990年に入ってからなのでごく最近のことであります。

 

 

 

フローラルやムスクと違って、男女問わないユニセックスタイプの香料です。

 

 

 

おしゃれというよりはリラックスするために用いるシーンが多いと言えます。

 

>>リビドーロゼの通販をするなら公式サイトが一番いい理由 TOPへ

page top