アロマにも多く使用される白檀

アロマにも多く使用される白檀ってどんなもの?

香料やアロマオイル、お香などでよく名前が上がるもので白檀というものがあります。

 

 

 

これは香木の一種であり、熱帯地方に生息している常緑樹です。

 

 

 

小さな花が咲き、開花した時が最も香りが強くなります。

 

 

 

原産地はインドで古くから薬用にも使われていました。

 

 

 

薬効として殺菌作用、利尿作用があり、またリラクゼーション効果も高いといわれています。

 

 

 

リラクゼーション効果が高いのはリビドーロゼの香りの特徴と同じですね。

 

 

 

インドが発祥ということもあり、仏像や寺院等で多く使用されています。

 

 

 

日本においては、扇子の骨に白檀が使われる事が多いです。そういったこともあり、
香料というよりはお香としての用途が主であります。

 

 

 

非常に高貴な香りで、白檀のお香は最も高価であります。

 

 

 

白檀にも格というものがあり、やはり原産地であるインドで栽培されたものは最も高価で、
香りも強いです。

 

 

 

他にはインドネシアやオセアニア諸島等でも栽培されていますが、これらの地域で栽培された
白檀は香りが弱いようです。

 

 

 

白檀は他の植物に寄生して生育していく植物であります。

 

 

 

そのためか、生息できる地域が限られており非常に希少価値が高いです。

 

 

 

香木としての用途が高いことから、商用として伐採されるケースが多いのですが、近年特に
入手が困難になり、インド政府から伐採や輸出の制限がかかっている現状にあります。

 

 

 

そのため、やはり現在ではムスクやフローラル系のものと同じように、合成香料として人工的に
白檀の香りを作り出したものが香料として使用されています。

 

 

 

ただ白檀は生成が比較的難しく、他のお香よりも高価であります。

 

 

 

白檀は含まれていないものの、安価でリラックス効果も期待できるリビドーロゼは
絶対にオススメです。

 

>>リビドーロゼの通販をするなら公式サイトが一番いい理由 TOPへ

page top