香水の価格は生成方法で違いがある?

香水はどのように生成するの?

香水はアルコールと香料と蒸留水から生成されます。

 

この方法はさかのぼること紀元後1000年、日本でいう平安時代頃にイスラムにおける
香水の生成方法がヨーロッパに伝わったことにより、欧州をはじめ、その周辺の地域にも
一気に広がったといわれています。

 

元々、香水は練り香水のように、油脂に香料を練り込み、固形化したものがヨーロッパ
では主流でした。

 

現在の香水の精製法ですが、まず香料の原料になる果実や花、樹木等からエッセンス
を抽出させます。

 

それにアルコールを混ぜて、蒸留水を足すことで香水が仕上がります。

 

ちなみに練り香水については香料のエッセンス、つまり精油にワセリン等の固形油脂を練り込み、
更にロウを混ぜてかたどる事で仕上がります。

 

練り香水は紀元前のギリシャにおいて、既に精製工場があったといわれています。

 

香水は比較的高価ですが、この理由は原材料となる果実類、植物類から抽出できる
精油が少ない為、希少価値があるからです。

 

安い香水もありますが、こちらは合成香料という、人工的に作られた香料であり、人にとっては
肌に合わずに、アレルギー反応を引き起こすこともあるようです。

 

そこで、最近では自分達で好みの精油を用意して香水を作るという方法が増えています。

 

精油は質のいいものになると1万円以上します。

 

それを考えると、天然由来成分の香水が高価であることは納得できます。

 

1つ3000円ちょっとのリビドーロゼは香水の中では安価な方かもしれません。

 

香りを楽しみたいが、合成香料が嫌という人、天然由来成分を使ったものは高くて手が
届かないという方は手作りがお勧めです。

 

リビドーロゼは、甘いベリー系の香りと花のような香りで誰にでも親しみやすいのが特徴です。

関連ページ

ギリシャで作られ、長い歴史を持つ香水
香水の歴史はとても古いもので、現在の用途とは異なり宗教や医学の要素が大きいものでした。今はオシャレの一環で使うことが多い香水がどのようにして広まったのかを見てみましょう。
香水は体にどんな効能をもたらすの?
香水は、原料によって様々な効能が期待できます。医学的なものもあればリビドーロゼのような使い方ができるものもあります。
香水の正しいつけ方│部位と量
香水には、正しいつけ方があり、それによって香り方が違ってきます。正しくないと不快に思う人もいるので、気を付けて使いましょう。
香水の蒸発を防ぐ適切な保管方法について
香水の正しい保管方法を知っていますか?成分の特徴によって注意しなければならないこともあるので、しっかり確認しましょう。また、香水が蒸発しないように気を付けましょう。
香水はどうやって選んだら良いの?
香水は性別や体温、使用する時間など、つける条件によって香り方が違ってきます。意外と知らない香水の選び方をチェックしましょう。